全粒粉100%ブレッド
全粒粉100%のパンです
白いパン(精白粉の)の好きな方には食べにくいかもしれません、砂糖や油脂、卵、大豆、乳製品は無使用です
繊維質やミネラル分が多く、身体に良い作用があることも
以下のことからうかがえます

西欧で多く見られてアフリカではほとんど見られない疾病として、心臓病、胆石、大腸がん、糖尿病、虫垂炎、
脈瘤、それに肥満等があります。
食物の中にダイエタリーファイバーが多く含まれていると、消化系の中で次のように生理的に
有利な現象が起こる
と考えられている。

  胃・・・食べたものが長く停滞するので、小腸の方へ食物が少しずつ移行する。

  小腸・・糖質の消化吸収が遅くなるため、血糖値の上昇が抑えられてインスリン分泌が減少する、このために糖

      代謝の改善がはかられる。

  大腸・・腸内菌叢の構成がよくなる。糞便のかさが増え形がよくなり腸管の運動を促進して糞便が早く排泄され

      る。憩室(けいしつ・内腔性臓器・食堂、胃、腸、気管、心臓、尿道、卵管などにおける壁の限局性突出)の発生を予防する、これら

      のことは大腸がんや糖尿病などの予防に良い効果を及ぼすと考えられている。
(一部抜粋資料(株)日清製粉 長井政信)

 世界各国の食事指針を見ても各10項目の中のひとつに 
ノルウエー・・・特にきめの粗いパンを
デンマーク・・・粒の粗いものを食べましょう
ドイツ・・・完全胚芽穀類を忘れずに
オーストラリア・・・パン、穀類(出来るだけ玄穀で)
アメリカ・・・果物、野菜、玄穀未精白の穀物)の摂取を増やすこと)

次のようなことも
子供達がスナック菓子などを多食し、きちんとした食事をしない「現代型栄養失調」が、
「キレる」一因と指摘する専門家もいる

80年代にアメリカの少年院入所者8000人の食事から菓子や炭酸飲料を除き、
新鮮な野菜、果物、全粒粉パンを与えた。

するとケンカや看守への反抗が半減した。別の入所者300人の食事を分析すると、
凶暴な少年たちはビタミンB群、鉄、亜鉛などが不足していた。
穀物の胚芽やフスマ、新鮮な野菜や果物に多い栄養素だ。

(朝日新聞) 丸元淑生さんによる

☆そのほかにも、噛むことにより、歯周病などの予防にも良い作用が